クラシック

絶対に使わない音楽用語⑥saltando

サルタンドと読みます。弦楽器の奏法の1つで、サルタートともいいます。

弦楽器の奏法は、主にアルコ(arco:弦を弓で擦る奏法)とピッツィカート(pizzicato:弦を指ではじく奏法)が多いのですが、サルタンドは弦の上で弓をポンポン弾ませて、往復させずに(一弓で)何回も音を鳴らします。

あまりこの奏法で演奏することはないのですが、今度演奏する予定の《だったん人の踊り》の中にこの奏法があります。ちなみに僕はチェロパートです。

saltando

ちなみに、サルタンドはスタッカート+スラーで書かれています。付点二分音符=100くらいなので普通にギコギコ弾いていたら全然間に合いません。

万が一にでも機会があったら、サルタンドを死にそうになりながら練習している動画をアップしておきますね。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する