特殊奏法

リコーダーの変わった吹き方

みなさんが小・中学校で吹くリコーダーですが、単なる教育用の楽器だと思っていたらとてももったいないです。

実は、クラシック音楽の中でリコーダーが大活躍するバロック音楽というのがあったり、ブログでも書いていますが色々なサイズのリコーダーがあったりします。

NHKの「ピタゴラスイッチ」のなかで演奏されている曲のいくつかもリコーダーで演奏されていますね。

さて、色々な演奏ができるリコーダーですが、単に「上の吹き口から息を吹いて、穴を押さえて演奏する」だけではありません。

学校では「ちゃんとした吹き方」しか教わらないかもしれませんが、僕はちゃんとした先生ではありませんから、変わった演奏法をご紹介しておきます。

リコーダーの特殊奏法

1. 重音奏法

普通管楽器では1つの音しか鳴らすことができませんが、同時に2つ以上の音を鳴らす吹き方です。普通の押さえ方とは違う指の押さえ方でリコーダーを吹きます。

残念ながらネット上にリコーダーの重音の運指表がなかったんですが、フルートやクラリネットなどはかなり充実しているので、マニアの方は調べてみてください。

2. 窓を押さえる奏法

特に呼び方はありませんが、吹き込んだ息が抜ける「窓」の部分を押さえて高い音を鳴らしています。もちろん、分解しないで窓を押さえても変わった音がします、

3. 4. 頭部管だけで音を出す奏法

本来押さえる穴ではなくて、頭部管(分解した一番上の部分)の下にある穴を押さえて音を鳴らす奏法です。

また、穴に指を入れることで、音の高さをなめらかに変化させることができます。これだけで曲を演奏することもできますが、かなり難しいです。

5. バジング奏法

トランペットなどの金管楽器は、マウスピースに唇を当てて、唇を震わせる事で音がなるのですが、それでリコーダーを演奏しています。

頭部管の下の穴でバジングをすることも可能です。

また、他の楽器と組み合わせることもできます。ソプラノリコーダーとアルトリコーダーだったり、ソプラノリコーダーと鍵盤ハーモニカのホースだったり。

もし僕の授業中にこれをやっている生徒がいたら、頭部管だけを秒で没収します。秒です。

最後に、循環呼吸という、管楽器の音を鳴らし続けるための特殊奏法もあるのですが、残念ながら僕はできません。

サックス奏者のケニー・Gさんというヤバい人がいるんですが、鼻から息を吸っているのに音が止まっていないですよね。ぜひ見てみてください。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する