楽曲分析

ちっこい楽器と超巨大楽器

世の中には尋常ではないくらい楽器があるわけですが、その中でも「仕組みが同じでサイズが違う楽器」のことを同属楽器と呼びます。

まずはリコーダーの同属楽器から見ていきましょう。

いろんなサイズのリコーダー

リコーダーって小中学校ではソプラノとアルトを吹くと思いますが、実はあの2種類だけではありません。

まずは、リコーダー演奏で有名な栗コーダーカルテットの「ピタゴラスイッチ」メインテーマを聞いてみましょう。

テレビで聴いていた曲の本家の演奏、なかなかエモいですが、左からソプラノリコーダーアルトリコーダーテナーリコーダーグレートバスリコーダーと呼びます。

一番右のグレートバスについては、成人男性よりも大きいため全ての穴を指で押さえることができません。

ですから、押さえるための補助をするキィという部分があったり、口元からパイプが伸びていて、演奏しやすいように作られています。

ちなみに、この人たちはこんな曲も演奏しています。気が抜けるダースベーダーのテーマですね。

ソプラノリコーダーより小さなソプラニーノリコーダーはこんな音が鳴ります。

下の動画は、ヴィヴァルディのソプラニーノリコーダー協奏曲です。

他の同属楽器

ピッコロ

念のために言っておきますが、ドラゴンボールには出てきませんからね。

ピッコロクラリネット

ピッコロトランペット

話を戻して、先ほどの動画にあったグレートバスリコーダーよりももっと大きなリコーダーがあります。サブコントラバスリコーダーというのですが、僕は実物を見たことがありません。

リコーダーとは思えないような低い音が出ています。長さもすごく長くなっていますね。

ちなみに、大きい楽器は調べてみるとたくさん出てきます。

サブコントラバスフルート

横に他の種類のフルートもありますね。4みたいな形になっているのが特徴です。

コントラバスクラリネット

サブコントラバスサックス

コントラファゴット(コントラバスーン)

コントラファゴットはオーケストラの演奏会では意外と見かけます。歴史的に初めて出てきたのは歴史的に初めて出てきたのはベートーベンの交響曲第5番「運命」です。

おまけ:オクトバス

左手で何かを押さえていると思いますが、楽器が大きすぎて弦を押さえられないので、あの金属の部分から伸びている部品で押さえています。

おまけ:タイタニックチューバ

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する