クラシック

6手3尻のためのピアノ曲

ツイッターをながめていたら「尻用ピアノ」という謎の単語が目に入ってました。

僕もよく分からなかったんですが、フランチェスコ・フィリデイという作曲家の“Due Sigle per Riccardo”という曲の動画が貼ってありました。

腕組みをした人たちが、一貫して鍵盤をお尻で弾く(?)曲のようですね。

動画説明欄に“for six hands and three bottoms on a piano”とあったので6手3尻のための曲のようです。いかに自分の考え方が狭いものだったかを考えさせられます。

学校で子どもたちに見せたいような気もしますが、これを真似されたら強く批判されるのは僕なので、タイミングを見計らって紹介したいと思います。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する