クラシック

小学校の校歌を作りました

こんにちは、よしたく先生です。

突然ですが、僕は福島県の小野町出身です。下の画像は、小野新町駅からリカチャンキャッスルを撮った写真です。

そんな小野町も過疎化・少子化が進んでいるようで、僕が通っていた小野新町小学校も周りの小学校と統合する形で、新しくなるようです。

ということで、なんとその学校の校歌を僕が作ることになりました。

ちなみにこの校歌は、すでに小野町の広報でも公開になっています。

http://www.town.ono.fukushima.jp/uploaded/attachment/9425.pdf http://www.town.ono.fukushima.jp/uploaded/attachment/9424.pdf

ちょっと曲解説

今回の校歌は何度か打ち合わせをして「弾んなリズム、楽しい曲調」で作ることになりました。

なのでテンポを早めに、休符を多く、付点のリズムで曲を構成しています。

子どもたちが歌うということで、音づかいはなるべくオーソドックスなものにしましたが、少しだけ僕の好みが出ている部分を紹介したいと思います。

冒頭の半音階(ミーミ♭ーレ)

フラットの音は別に必要ないんですが、疾走感を出すために加えました。その段の一番最後にあるソ#も似たような理由です。

「見上げる空に」

普通はD(レファ#ラ)の和音になるのですが、少し構成音をずらしてF#m(ファ#ラド#)にしています。

そのためメロディーの最高音にド#を出せるようになるんですが、それまでの部分もメロディーを跳躍させずこの音が際立つように作ってあります。

「夢育まん」

まずはここの和音の進行。F#(ファ#ラ#ド#)E(ミソ#シ)はあまり聞かない進行ですね。

そして、この歌詞を歌ったすぐ後にピアノの右手が高い音を鳴らすんですが、それまでにあった伴奏とは少し変えました。

おそらく周りに「校歌を作ったことがある」という方は多くないと思いますし、僕自身も作曲家であるという実感があまりありません。

これが数十年は歌ってもらえると思うとなかなか感慨深いです。地元なので、友達の子供とかも小学校に進学しますから、親しみを持って歌ってもらえたらと思っています。

また、僕の通っていた小学校のように学校が新しくなり、校歌が必要な学校があればいつでもご連絡ください。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する