クラシック

南インドの口ドラム「コナッコル」

今日はスタジオでサポートバンドの練習がありまして、そこで「コナッコル」というものを教えてもらいました。

皆さんはご存知でしょうか? バリ島のガムランとかケチャは知っているんですけど、これは分からなかったです。

コナッコルとは?

南インドで行われているボイスパーカッションによる伝統芸能のことだそうです。

クラシック音楽などの基本となっている4拍子とか3拍子とかとは違って、様々な拍が組み合わされて複雑なリズムを作っているようです。

Fibonacci Konnakol

1つ目はフィボナッチの図形と数字が表示されていますが、おそらく拍子がこのように変わっているという説明なのでしょう。細かい楽譜と練習ページはこちらから。

Konnakkol & Quads Transcription

コナッコルとドラムが一緒に表示されていますね。楽譜もかなり複雑に見えます。細かい楽譜と練習ページはこちらから。

楽譜を見せられたところで何が起こっているか分からないですし、何より複雑なリズム構造に圧倒させられます。

メシアン「わが音楽語法」

昔、メシアンという作曲家の「わが音楽語法」という本でインドのリズムについて勉強したことがあるんです。確かラガヴァルダーナとか言って、複雑なリズムを作っていたと思います。

メシアン先生の曲は、音が長くなったり短くなったりしているので、聴きにくいし弾きにくいです。独特な音づかいによって、神秘的な響きの曲が多いんですおけどね。

こういう曲にもインド音楽の考え方を組み込んでいるようなので、僕もそういう複雑なリズムの曲を作れるように、少しずつコナッコルを練習してみたいと思います。

そういえば記事を書いていたら、去年やっていた動画が見つかったのでアップしておきますね。

本家の動画はこちらからご覧ください。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する