楽曲分析

僕自身、作曲をする上で影響を受けた曲を紹介していきます

タイトルのままなんですが、僕が電子音楽の曲を作る時に特に参考にしている動画やCDなどを紹介したいと思います。

Cornelius「あなたがいるなら」

たぶん同じ作曲仲間から紹介してもらった曲です。ミュージシャンの小山田圭吾さんのソロユニットで、他にも「デザインあ」などの曲も作っています。

音に合わせて動いているPVはスタイリッシュでおしゃれですよね。音楽の方も、各パートがバラバラになっているようでそろっている、不思議な曲です。

池田亮司 “Data Matrix”

僕自身がライブパフォーマンスをしようと思った時にたまたまYouTubeで見つけた動画です。約9分の動画で鳴っている音は電子音ばっかりで、映像も白黒の線で作られているものが多いです。

「こんな音楽聴いたことない、むしろ本当に音楽なんだろうか?」と考えてしまうような曲が多いんですが、そのどれもが魅力的な「曲」です。

ちなみに、池田さんに影響されて作った曲はこちらから聴くことができます。

Aphex Twin “T69 Collapse”

こちらもパフォーマンスをしようと思った時にYouTubeでたまたま見つけた曲です。

アンビエントかと思えばゴリゴリのビートを出してくることもあって、引き出しの多さに圧倒されます。

坂本龍一 “async”

YMOは少しだけ聴いていたんですが、数年ぶりにアルバムが出るということでCDを購入しました。ワタリウム美術館で個展もされるということだったので、そちらも見に行きました。

実験的なアプローチをしていますが、全て楽しんで聴ける作品だというのがまたいいんです。録音されている音がいい、というのもありますけどね。アナログシンセだったり、オーケストラの音だったり。

ちなみに、このアルバムについてのインタビュー記事がいくつかありますので、合わせてシェアしておきたいと思います。

坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー

‪坂本龍一、新作『async』を語る──「いちばんわがままに作った」|ブックス & ミュージック & アート(本・書評)|GQ JAPAN‬

インタビュー:坂本龍一

松本昭彦 “Preludes for Piano”

Max/MSPの使い方をまとめたホームページにお世話になったり、松本さんのワークショップに参加する中で知ったアルバムです。

ピアノの前奏曲集ということですが、聴いてみたら全然印象が違って驚きました。確かにピアノですが、アプローチが普通のピアノ曲とは違います。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する