リハーモナイズ

[dim7]〜他調にワープできる和音〜

こんにちは、変な和音研究家のよしたくです。

皆さんは、減七の和音(dim7)がどんな和音か分かりますか?

例えば、Bdim7は次のような和音です。

C7やDmなどの和音には根音から完全5度上の音が含まれているのですが、このdim7にはその音が含まれていません。

なので、他の和音と比べて不安定な響きだったり、不安になるような聞こえ方になります。

役割と特徴

この和音の役割はドミナントで、構成音の一番下に音が省略されていると考えられます。

例えばBdim7の場合は、一番下にGの音を補ってG7(b9)となります。

一番下のシより長三度下で、下から2番目にあるレより完全五度下に音を補うと、基本の形を導くことができます。

また、dim7は4つの音で構成されていますが、それぞれの音の距離が短3度になっています。

正十二角形の頂点に12音を割り当て、図形としてこの和音を表示すると正方形になります。

ですので減七の和音は、音の組み合わせとしては[1,4,7,10]、[2,5,8,11]、[3,6,9,12]の3種類しかありません。

それぞれの組み合わせについて根音の置き方は4通りあり、さらに隠れた根音を補うことができます。

下の楽譜にある4つのdim7は、分かりやすいように異名同音で置き換えていますが、全て同じ音で構成されています。

X7(b9)はメジャーキー、マイナーキーどちらのドミナントにもなるので、1つのdim7は8つの調のドミナントとして使うことができる、ということになります。

使い方

例えば、次のように思いっきり転調させることができます。dim7とある和音は全て同じ鍵盤を押さえます。

よく見ると、転調した先がdim7を構成するような音(ド、ミb、ファ#、ラ)になっています。

とても便利な和音なので、ぜひ作曲に生かしてみてください。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する