楽曲分析

空虚五度って知ってますか?

音楽をやっていると、どこかで和音について勉強すると思うのですが、今日紹介するのはあまり目にしない言葉だと思います。

今回は空虚五度というものをご紹介します。左が普通の和音、右が空虚五度の楽譜です。

空虚五度

空虚五度とは

和音と言っていいのか、少し微妙なやつです。コードではC(omit3)と書いたりします。

比べて分かる通り、空虚五度の方は真ん中の音が省略されています。

なのでピアノなどで弾き比べてみると、左はしっかり中身が詰まっているように聴こえるのに対して、右はスカスカだと思います。

(少し細かい話なんですが、5度の音がドの音の倍音に集約されてしまうのでスカスカに聴こえるんです)

この空虚五度ですが、明るい和音なのか暗い和音なのかも分かりません。クラシックの中では特別な効果を狙って使われることが多いです。

好きでよく見ているベートーヴェンの「交響曲第9番」です。曲の最初がラとミの空虚五度で始まります。

何とも不安定な、それでいて大きな音楽の始まりを感じさせる響きですね。

ところで、この空虚五度はロックでは普通に使われます。有名なところでいうとこの曲でしょうか。

エレキギターを弾いたことがある人なら一度は弾いたことがあるであろうこのリフ。ロックではパワーコードと呼ばれています。

なぜこれが使われるかと言えば、単純に弾きやすいんですよね。複雑な指使いもなく、音の高さを変えるときは横に移動させるだけです。

こういう曲を普通の和音でやってしまうと重くなって聞けなくなるんですよね。パワーコードくらいスカスカな方がちょうどいいです。

実は僕はピアノやキーボードで曲を弾くとき、この空虚五度の響きにはものすごく注意しています。

強迫観念くらいナーバスになっていますが、音楽全体が空虚五度の響きになってしまうと、急に寂しくなってしまうんですよ。

なので、この前弾いたパプリカも絶対に空虚五度が出ないように、右手の親指〜中指あたりで和音の真ん中の音を補っています。

どうでしょうか。全体的にスカスカに聴こえる部分はないと思います。あったら教えてください。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する