楽曲分析

ト音・ヘ音記号の形の由来

楽譜の中にしれっといるト音記号とヘ音記号ですが、意外とその形の由来を知っている人は多くないようです。

そもそも…

この記号は「音部記号」と呼ばれており、五線と音の高さをリンクさせるための記号です。

つまり、音部記号が書かれていない楽譜を演奏することは不可能です(が、初心者ほど下のような楽譜を演奏することができます)。

音部記号が書かれていない楽譜は、残念ながらどうしようもできません。

ト音、ヘ音とは?

僕たちが普段使っているドレミファソラシ、というのはイタリア語で、日本語や英語では違う言い方になります。

対応表

つまり、ト音というのはイタリア語で「ソ」のことです。

ト音記号というのは「ソ」の音の記号ということになりますから、この記号はソを示しています。

うずまきの端っこがある線上、下の全音符がソの高さです。

同じようにヘ音記号は「ファ」の音の記号ということになりますから、この記号はファを示しています。

大きな丸がある線上、下の全音符がファの高さです。

形の由来

上の対応表を見たときに、ト音はGと、へ音はFとそれぞれ対応しています。

下の画像は小学校の授業中に板書したものですが、これを見てもらうと分かるかもしれません。

ト音記号のぐるぐるがGの形に似ていたり、ヘ音記号の点々がFの横棒と似ていたりすると思います。

ちなみに、ト音記号の方は大文字と小文字のGが組み合わさって図案化されていると、僕の作曲の先生から聞いたことがあります。

(6/1更新)音部記号についての英語版Wikiを見に行ったところ、なかなか面白い画像を発見しました。

https://en.wikipedia.org/wiki/File:G-Schluessel.png

初期のト音記号のようなんですが、この画像の真ん中にある記号がDとGが縦に重なっているもののようです。

今のト音記号の交差している部分がDの音を示しているので、DとGが重なっている説はかなり濃厚なのかもしれません。

おまけ

音部記号はきれいに書いた方が親切ですが、何となく存在していれば「この高さで演奏してほしいんだろう」と汲み取ってもらえます。

作曲家の自筆譜を見てみると、急いでいるのか面倒なのか、かなり色々な音部記号に出会うことができます。

バッハ(Herz und Mund und Tat und Leben)

書き方が&っぽいですね。

ベートーベン(Symphony No.9 4th movement)

僕の髪の毛のようにツイストした、逆Sみたいなのが書かれています。

ドビュッシー(La Mer 2.Jeux de vagues)

縦棒がピシッと真っ直ぐになっています。綺麗ですね。

おまけ

このページを見てくださっている方が多いのか、何とこのページがGoogleのあの部分に表示されているようです。ありがとうございます。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する