リハーモナイズ

「裏コード」について

こんにちは、よしたく先生です。

今日は少し専門的ですが、僕がアレンジするときによく使っている裏コードについての解説をしたいと思います。

裏コードとは何か

次の画像にある丸印のコードが、Cメジャーキーでいう裏コードになります。本来Cメジャーキーで使われないレ♭の音が下にありますね。

コード一つ一つには、それぞれトニック、ドミナント、サブドミナントと呼ばれる役割が与えられており、そしてその役割はキーによって変わるのですが、裏コードはドミナントの置き換えをします。

CメジャーキーのドミナントはGコードですので、裏コードに置き換える前の進行は次のようになります。

メロディーの音とぶつからなければ、ドミナントは裏コードに置き換えることができます。

ちなみに、セカンダリードミナントも常にその裏コードに置き換えることができます。

裏コードを使った例

リスペクト

サビの頭にあるA♭、Cメロ頭にあるD♭は裏コードで置き換えられたものです。

お正月

ついこの間アレンジしたものですが、一番最後の「早くこいこいおしょがつ」の部分に裏コードがあります。

楽譜へのリンクを載せておくので、良かったら分析してみてください。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する