リハーモナイズ

[V7(#9)]〜緊急地震速報の和音〜

こんにちは、よしたくです。突然ですが、今年の3.11はどのように過ごしましたか?

僕はYouTubeの関連動画で、緊急地震速報の音が鳴る動画を表示されたので見てみましたが、9年経った今でも嫌な気持ちになります。

今日はその緊急地震速報の音を、作曲家目線で分析してみたいと思います。

詳細

このパターンを作ったのは、伊福部達(とおる)さんです。ちなみに、この方のおじさんはゴジラの作曲でも有名な伊福部昭さんです。

おじさんの曲も参考にしながら、緊張感のあるパターンを作るために色々と試行錯誤したそうです。

このパターンを楽譜に起こすと、次のようになります。

和音の特徴

最初の5連符はコードネームに直すとC7(#9)となるのですが、少し変わった(#9)という音が含まれています。

楽譜上はレ#で書かれていますが、異名同音で書き換えるとミ♭になります。

ということは、メジャーコードの上にマイナーコードの音が乗っているとも考えられるので、かなりクセのある和音に聞こえると思います。

ジャズでは、よくドミナントとして弾かれる和音でもあります。

ちなみに現代音楽などでは、もっと露骨にメジャーコードとマイナーコードが混ざった和音を使うこともあります。

こちらはシ♭の音が含まれていないので、さらにきつい響きになります。使うシーンがかなり限定される和音です。

話を戻しますね。そのきついC7(#9)が半音ずり上がってC#7(#9)として再登場します。

そうすると次の9つの音からこのパターンは出来ているということになりますが、この9つ全てを含むメジャーキー、マイナーキーはありません。

普通のスケールが7つの音から出来ているのを考えると当然ですよね。

ということで調性感が薄く、無調に近い響きになるので、不安とか恐怖感が出てくると思います。僕が少し前に作った曲も同じような感じです。

音色も、家電の電子音や他の音楽に混ざらないような独特な音色を採用しているようです。機会があったらここも分析しますね。

ABOUT ME
Takuya Yoshida
Takuya Yoshida
福島県小野町出身。東京学芸大学教育学研究科を修了し、現在はフリーランスの作曲家、そして都内の小学校の音楽科非常勤講師を務める。 また「よしたく先生」としてYouTubeなどに演奏動画をアップロードし、多くの人と音楽を続けていくための活動を行なっている。福島県田村郡小野町立小野小学校の校歌を作曲している。
公式ラインもご利用ください!

ブログを加筆修正してほしい、こんなテーマを読んでみたい、個別の質問がある、など、気軽にご連絡をいただけたらと思います!

公式ラインを登録する